• 新着情報
  • ご挨拶
  • アフラシア多文化社会研究センターとは
  • 目的・特色
  • プロジェクトの概要
  • 研究体制
  • アクティビティ
  • 国際シンポジウム
  • ニュースレター
  • 出版物
  • 公募研究
  • 関連記事
  • リンク
  • アクセス・連絡先
  • 諸規定・その他

2005~2009年度
アフラシア平和開発研究センターのサイト

アクティビティ

  1. トップページ
  2. アクティビティ
  3. 詳細

全体の活動報告

2013年度国際文化学会シンポジウムを開催しました。

全体の活動報告
2013/07/16


非西洋型国際関係理論の可能性
―京都学派との関係において

In Search of Non-Western International Relations Theory:
 The Kyoto School Revisited


日 時: 2013年7月6日(土) 15:00~17:00
場 所: 龍谷大学大宮キャンパス 東黌103 

報告者: クリスチアン・ウル、石之瑜、川村覚文、清水耕介

討論者: 濱下武志、陳慶昌

 

2013年7月6日(土)に、龍谷大学大宮キャンパスにおいて第12回国際文化学会全国大会シンポジウムを開催した。タイトルは、「非西洋型国際関係理論の可能性-京都学派との関係において」である。今回のシンポジウムでは、非西洋型国際関係理論を京都学派の視点から検証し、その理論の可能性を考察した。晴天に恵まれ、70人以上もの出席を得て、活発な議論が展開された。


<パネリスト>

DSC_0542.JPGのサムネール画像

クリスチアン・ウル氏(ゲント大学東南アジア言語文化学部・教授)

"Nishida’s Logic, and the Notion of the Nation:
A Footnote to a Remark by Karatani Kōjin Concerning
a Leibniz Syndrome in 20th Century Political Thought"


 

DSC_0551.JPGのサムネール画像DSC_0551.JPGのサムネール画像

石之瑜氏 (台湾国立大学政治学部・教授)

"Transcending Hegemonic International Relations:
Nothingness, Worlding, and Balance of Relationship"

 

 

DSC_0572.JPG

川村覚文氏 (東京大学 共生のための国際哲学研究センター・特任研究員)

"Tekhnē, Culture and New Order:
Elimination of Politics by Nishida Kitarō"


 

DSC_0614.jpg

清水耕介氏 (龍谷大学国際文化学部・教授、
       アフラシア多文化社会研究センター・センター長)

"The Self and Individual: A Study on Tosaka Jun’s
Theory of‘Moral’and its Relevance to the Contemporary
International Political Economy"

 

DSC_0630.JPG

                                  <討論者>

                                  濱下武志(龍谷大学・研究フェロー)

                                  陳慶昌 (立命館アジア太平洋大学アジア太平洋学部・准教授)


DSC_0630.JPGDSC_0630.JPG

  • 前の記事へ
  • 記事一覧へ
  • 次の記事へ