• 新着情報
  • ご挨拶
  • アフラシア多文化社会研究センターとは
  • 目的・特色
  • プロジェクトの概要
  • 研究体制
  • アクティビティ
  • 国際シンポジウム
  • ニュースレター
  • 出版物
  • 公募研究
  • 関連記事
  • リンク
  • アクセス・連絡先
  • 諸規定・その他

2005~2009年度
アフラシア平和開発研究センターのサイト

アクティビティ

  1. トップページ
  2. アクティビティ
  3. 詳細

2班の活動

第2班2013年度第1回研究会を開催しました。

多文化多言語社会における言語教育の役割再考

2班の活動
2013/05/25
◆開催日時:2013年5月25日(土) 12:30~14:00
◆開催場所:龍谷大学瀬田学舎 智光館B103共同研究室
◆参加者:松村省一、李洙任、高桑光徳、長嶺寿宣、八幡耕一、松井智子(順不同、敬称略)
 
【研究会テーマ】
 

多文化多言語社会における言語教育の役割再考

Revisiting the Role of Language Education in a Multicultural and Multilingual Society

 

【概要】

 

 2013年度の第1回研究会では、「多文化多言語社会における言語教育の役割再考」と題し、これまで2年間にわたって蓄積してきた2班の研究成果を、今年度どのようにまとめ、発信していくかについての議論が行われた。

 2班は、1班(移民)と3班(政策)とを結びつける研究が期待されているが、具体的には、日本・カナダ在住のアジア系移民の子どもたちの言語教育を切り口にすることが提示された。また、成果の発信方法としては、2班として学術的な成果を小冊子としてまとめると同時に、教育現場への還元のため、教育関係者や市民を対象としたワークショップを開催すること等が検討された。

 

P5251197.JPG

  • 前の記事へ
  • 記事一覧へ
  • 次の記事へ