• 新着情報
  • センター長挨拶
  • プロジェクトの概要
  • 研究体制
  • アクティビティ
  • 研究成果
  • アクセス・連絡先
  • 諸規定・その他

2005~2009年度 第1期アフラシアのサイト

2011~2013年度 第2期アフラシアのサイト

新着情報

  1. トップページ
  2. 新着情報>
  3. 新着情報詳細

新着情報詳細

一覧を見る

第1回アフラシア国際シンポジウム(Phase3 )"Beyond 'West' and 'Rest'?―A Critical Inquiry into the Dichotomized Ontololgy of International Relations―"を開催しました。

活動報告
2016/04/20

開催日:2016/2/27

開催場所: 龍谷大学 深草キャンパス 和顔館 3階

共催

・龍谷大学アフラシア多文化社会研究センター

・龍谷大学 国際社会文化研究所

・日本学術振興会 科学研究費助成事業基盤研究(A)課題番号15H01855(代表者:清水耕介)

 

第一回アフラシア国際シンポジウム

The First Afrasian International Symposium

BEYOND 'WEST' AND 'REST'?

A Critical Inquiry Into the Dichotomized Ontology of

International Relations

 

登壇者:L.H.M Ling (The New School), Pinar Bilgin (Bilkent University), Takashi Inoguchi (University of Niigata Prefecture), Yong-Soo Eun(Hanyang University)、Ching-Chang Chen (Ryukoku University) Young Chul Cho (Chonbuk National University), Kellvin Chung (Hong Kong Institute of Education), Emilian Kavalski (Australian Catholic University), Kosuke Shimizu (Ryukoku University)

 

 

2月27日(土)、龍谷大学深草キャンパス和顔館において、アフラシア国際シンポジウム"Beyond 'West' and 'Rest'?―A Critical Inquiry into the Dichotomized Ontololgy of International Relations―" が開催された。これまでアフラシア多文化社会研究センターは、様々なアクターが相互作用して作動するグローバル社会において、これからの「ガヴァナンス」についての視点をいかに見出すことができるのかという課題に取り組み、様々な研究活動を積み重ねてきた。今回のシンポジウムは、そうした課題の延長線上において、これまでの国際関係学において前提とされてきた国家中心主義的な史観(いわゆるウェストファリア史観)や西洋中心主義への根本的な反省を促すために本研究センターが国際関係論においてこれらの問題点を批判的に検討している各論者を招聘して開催したものである。

今回のシンポジウムでは、ニュースクール(アメリカ、ニューヨーク)よりL.H.M Ling氏およびビルケント大学(トルコ、アンカラ)よりPinar Bilgin氏の2名のほか、国内外の様々な地域から複数の論者を招き、主に既存の国際関係理論を乗り越えるための非西欧的な視点とはいかなるものであるのかということについて活発な討議を行った(上記登壇者欄参考)。詳しくは、こちらを参照してください。

  • 前の記事へ
  • 記事一覧へ
  • 次の記事へ